2012年03月13日

私の夢と志

このブログのタイトルにもある「志」という言葉。
私がとても好きな言葉です。

「志」という言葉を、辞書で調べると、
心に決めた目標、目的、信念
という意味だそうです。

「志」に似た言葉として、「夢」がありますが、
「夢」と「志」とはどう違うのでしょうか?

色々調べますと、
「夢」は、「自分が将来〜したい」などの個人的な目標で、
「志」は、「自分だけでなく他者のために〜したい」というような目標
のことだそうです。

私には、昔、
「弁護士になりたい」
という夢がありました。

今は、
「弁護士として、また一人の人間として、困っている人の役に立ちたい」
という志があります。

今、「どうして私ばかりがこんな不幸な目にあうのだろう?」と思っている方が
おられるかもしれません。
私は、そういった方の役に立つために、弁護士になったのだと思っています。
posted by 南亜矢子 at 22:15| Comment(1) |
この記事へのコメント
こんにちは。はじめまして。
明日、相談をお願いしている村上です。

「志」、素晴らしい言葉です。
私の会社には経営陣が作成した「経営理念」の他に、社員が集まって創った「私たちの志」というものがあります。他社に羨まれています。

「たった一度のいのちと歩く。」をタイトルにし、
「私たちの前には、いつもかけがえのないいのちがあります。」、「私たちは、この地上でもっとも大切な物のために働いていることを、胸の奥深くに刻み込もう」、「私たちは、あらゆる人の笑顔をつくろう」、「家族がどれほどその人を愛しているか」、「感受性をサビつかせることなく、世界一、いのちにやさしい会社になろう」、「人間の情熱を、人間のために使う幸せ」、
私も作成に参加しましたが、我ながら今でも感動します。
私の名前は「公彦」。人の役に立つ人間になるようにと祖父が付けてくれた名前だそうです。

南先生の志、共感いたします。
Posted by 村上公彦 at 2013年08月23日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: